新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による緊急事態宣言は解除されましたが、富士通など大手企業を中心にオフィス勤務から在宅勤務にシフトする動きが出ているとともに、政府ならびに各都道府県からも依然テレワークの推奨をしていくようにとの声明が出されております。
特にこのコロナ渦の中で突貫でテレワークの仕組みを導入された企業もたくさんおられると思いますが、果たしてその入れた仕組みが本当に機能できるものなのか、働き方改革がしっかりと成果として現れるものなのかという疑問が企業の経営者の皆様や情報システム部門のご担当者様はお考えのことと思います。
そこで、当事務所においてテレワークやオンラインミーティング、オンラインセミナー導入・改善に向けてのコンサルティングをさせて頂き、しっかりと成果の出る形で皆様の働き方を変えていくお手伝いをさせて頂こうと考えております。

当事務所で考えているメニューは大きく以下の内容になっております。

①テレワーク導入に向けた通信機器の導入ならびに運用支援
クラウドツールをはじめとして、テレワークを導入するにあたっての必要な機器の導入や運用のご支援を致します。
また現在、厚生労働省がテレワーク導入に向けた助成金制度の創設をしていますのでその辺りのコンサルティングも併せて行わさせていただきます。
★働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)【2020年12月1日まで】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/telework_10026.html

②オンラインセミナー・オンラインミーティング導入支援
オンラインセミナーやオンラインミーティングを効率的かつ効果的にするためのコンサルティングを行います。
必要な機器の提案はもちろんのことプレゼンテーションに関するコンサルティングも行います。
特に、オンラインセミナーなどになると対面とは異なるファシリテーションのお悩みもあると思いますが、その辺りについても経験豊富なプランナーが適切にアドバイスなどをさせていただきます。

③従業員に対するテレワーク研修・周知・啓発活動のお手伝い
最終的には従業員の皆さんがテレワークに関する意義を理解し、特にセキュリティなど企業において守らないといけない規範にのっとって行動していただかないと、企業経営は成り立ちません。
長年にわたり中小企業の情報システム部門の責任者として経営者と一体となって活動していた代表だからこそお手伝いできる部分があると確信しております。

④セキュリティを十分考慮したテレワークプランニング
テレワークや在宅勤務システムを導入するにあたり経営者はセキュリティについて非常に危惧します。
どのような会社でも社外秘の資料は当たり前にある中でやはりセキュリティは企業の状態に合わせて万全の態勢を取らないといけないと考えております。
こちらも長年に渡り中小企業の情報システム部門の責任者として活動していた代表だからこそお手伝いできる部分があると確信しております。

⑤社会保険労務士など外部専門家によるプランニング
テレワークを導入するにあたって、就業規則の改訂など専門家の知識が必要な部分も多数出てくると思います。
当事務所は社会保険労務士やキャリアコンサルタントといった外部専門家のネットワークも豊富にございます
それらのネットワークを活用して皆様のビジネスを1歩前に踏み出せる環境をご提供させていただきます。

ご不明な点は多々あるかと思います。
ぜひ遠慮なく当事務所にご相談いただければと思います。
必ず、皆様の事業の規模に見合った納得のいくご提案をさせて頂きたいと思っております。
お問い合わせは下記の「お問い合わせはこちら」をご覧ください。

Webページの制作やシステムに関する事、マーケティングに関する事などお気軽にお問い合わせください。090-5166-7580受付時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。